「疲れた頭と心をほぐす」リラクゼーション整体師マキの癒しのお部屋

人材営業から整体師になった24歳女がお届けする、あなたの為の癒し処です。

癒しのお部屋 癒しの妄想

こんにちは。

整体師の堀井真希です。

最近田舎暮らしを想像していまして。

なんとなく綴ります。

 

 

〜海の見える整体サロン〜

 

小雨の音に目を覚ます

ベッドから起き上がってカーテンを開けると

一面に広がった海が煙っていた。

 

肌寒さを感じて

椅子にかけたカーディガンを羽織る。

キッチンに立つ。

熱めのコーヒーを入れて

お気に入りの曲を流して

大好きな私の海を眺める。

 

ルームメイトが起きてくる。

おはようを交わして、

彼女や彼らのコーヒーを入れる。

しばらく無言でいて、

そのうち

ゴミ出しいくねとか今日何時に帰るとか

そういえば飲み会があるから今日は遅いとか

そこそこ話して

テレビつけて、ニュース見て

星座占い見て今日はついてないとか

話していたら、

8時。家を出る時間。

 

私は1階の自分のお店を開けに下に降りる。

換気して、掃除して、お湯を用意して

準備が整ったら海の見える整体サロン、オープン。

シャッターあげたら常連さんが待っていた。

ぶんただ。

海鳥のぶんたは、今日もちんまり私を見上げている。3軒隣のカズヤさんに懐いていて、朝は必ずこの辺りに現れる。

すると、横からぬっとカズヤさんが現れた。

今日も寒いなぁって言いながら自分ちのようにしてお店に入ってきた。

そう、いつもの朝だ。

 

 

 

こんな朝をむかえられる場所を探しています。

神奈川の大磯とか二宮とかイメージしてます。

いやーたまらん。妄想が止まらん。